銀行口座を作る

初めに

現金を引き出す分には日本の口座からでも良いかもしれませんが、
ここでは家賃を払ったり、車を借りたり、保険に入るにも、
ドイツでの口座が必要になります。

初めに入居した大学のゲストハウスの家賃振込口座が
Sparkasseだったので、そこで口座を開設しました。

Sparkasseという名前はドイツでもあちらこちらにありますが、
地域によって会社が異なるようです。支店というわけでは無いのでしょうか。
ダルムシュタットにあるのは、Sparkasse Darmstadtです。


手続きの予約

ドイツでは何事も予約が必要なことが多いです。
病院もまたしかり。
まずは店舗に入って中央にあるInformationのようなところに並び、
口座開設したいと伝えると、運が良かったのかそのまま担当者の所に案内されました。
予約がいるとはよく聞きますけどね。

でも手続き始めようとしたら、結局時間が無いと言い出され、
次の日の朝に予約となりました。


開設手続き

予約時間の朝9時半にまたInformationに行き、この人に予約を取っている、と伝えると
ほどなく担当者が呼びに来てくれました。

いわゆるカウンターではなく、個室のような所に通されて、
コーヒーかお水はいかが?と。ドイツに来て初めてそんなこと聞かれました!

ドイツ語が必要と心配していましたが、今回は英語でOKでした。
初めに、個人向け業務を基盤にする銀行の形態について紹介されましたが、
難しくてさっぱりわからず。

口座の種類だけは何とか理解し、さしあたり必要な
Girokonto(たぶん普通の口座)を開設しました。
必要な書類はパスポートと住民登録の書類。滞在許可証が無いと開設できないと
聞いたこともあったけれど、今回はセーフ。
あとは、Online-BankingとKreditkarteも申し込みました。


開設その後

開設の手続きをしてから5日後くらいにカードのPINコードが、
その3日後くらいにカードが送られてきました。
クレジットカードも同じようにPINとカードが別便で。
それにしても、特に書留ではなく普通郵便で届くのには驚きました。

日本の多くの口座とは違って口座維持手数料が毎月かかります。
ここの銀行は月6ユーロ。学生だと手数料がかかりません。

  • 最終更新:2015-10-25 05:32:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード